今お使いの布団は大丈夫?

健康的な暮らしに欠かせない快適睡眠…。

それは言ってしまえば清潔なふとんでとるたっぷりの睡眠!

何かとストレスのたまりやすい現代社会、健康維持にはまず十分な睡眠が必要不可欠です。

人の睡眠情報

健康を維持するための睡眠時間は一日8時間といわれています。

睡眠が足りなければ、頭痛やイライラがつのり、心身ともに健康を維持することは難しくなってきます。また、疲れを癒し、元気を取り戻す睡眠ですが、毎日使う寝具は清潔でなければなりません。

しかし、ふとんを干したり、シーツは交換できても、今までの丸洗いの出来なかったふとんを衛生的に保つのは意外と難しかったのです。

ヒトはこんなに汗をかく!

人は眠っている間に、牛乳ビン1本分(200cc)の汗をかきます。普通、汗をかくと下着や衣類は洗濯します。しかし、今までふとんの中身までは洗えませんでした。人の体温と適当な湿り気は、健康の大敵、ダニやカビの繁殖を促します。したがって、ふとんの中は想像以上に不衛生なのです。

あなたが今使っているふとんはこんなに汚れています。

Q1毎日使うふとんってどれくらい汚れているものなのでしょうか?

A1人が使うふとんは、ダニの天国なのです。

ふとんには人のアカやフケを好むチリダニ科のダニや、湿気で発生するカビを餌にするホコリダニ科のダニが繁殖しやすい3条件(温度、湿気、おまけに餌まで)が揃っています。

Q2洗わないふとんには、どれくらいのダニが生息しているのでしょうか?

A2ダニの棲みかはふとんの中わたです。

ふとんの中わたには表面の数百倍のダニが生息しています。長年洗わずに使用を続けたふとんに寝ることは、ダニの巣を体に巻き付けて寝ているといっても過言ではありません。

Q3生息しているダニを放っておくと、どんな病気になりますか?

A3アトピー性皮膚炎・喘息をはじめとするアレルギー疾患が増加しています。

その一番の原因は、チリダニの増加です。特にふとんの中で過ごす時間の長い赤ちゃんや寝たきりのお年寄りにとって、ふとんを清潔に保つことが、これらの病気から身を守ることにつながります。

Q4今までふとんは天日に干したりたたいたりして、ケアしていたのですが?

A4干してもたたいても、ダニは減りません。

確かにふとんを日光に当てるとダニは逃げますが、ふとんの外ではなく日の当たらない反対側へなりを潜めるだけ。叩くことでダニの死骸やフンが表面に浮き出て、そこに寝ると肌に付着することになるのです。