寝装品に関する用語集

超長綿完全立体キルト

超長綿

従来の綿糸よりも繊維長が細くて長い繊維です。

艶やかな光沢とソフトな肌ざわりです。

吸湿性・通気性に優れています。

やわらかなドレープ性があります。

完全立体キルト

マチで仕切った各ボックスごとに羽毛を入れ密封しています。羽毛の移動やかたよりを防ぎ、圧迫せず自然な状態に羽毛を保ちますので、保温性・かさ高性・ドレープ性がいちだんと向上しました。

立体キルトとは…

羽毛のかたよりを防ぎ、羽毛の特性を十分に生かすための加工でキルティングの構造には平面キルトと立体キルトがあり、羽毛量の少ないダウンケットには平面キルトが、比較的多い羽毛布団には立体キルトが施されています。

立体キルトは、キルティングの部分に垂直にテープを入れ、立体的な空間を作りだしたもの。縫い目のくぼみが補正されるので羽毛をより多く均一に入れることが出来ます。このためカサ高が出て、羽毛が薄くなる部分が少なくなるので保温性は良くなります。

ノンキルトとは…

垂直テープを熱融着(熱接着)によって側地に貼り付け、表にミシンの縫い目が出ないノンキルト方式です。ノンキルトは縫い目がないため、ほつれや糸切れがなく、羽毛の吹き出しを防ぐことが出来ます。また縫い目がない分だけ熱の発散量が少なく、保温性がいいといわれています。

ポリエステル

ポリエステルは石油を原料とする合繊繊維の一つで1941年にイギリスで「テリレン」の名前で最初に発表されました。日本では1958年から生産されるようになり現在では合繊繊維の中でもっとも多く生産されています。

■熱や摩擦に弱い
■しわになりにくい
■型くずれしにくい
■乾きが速い
■日光で変質・変色しにくい
■酸、アルカリなどの薬品に強い
■虫、カビなどに侵されない
■静電気が発生しやすい
■毛玉(ピリング)が出来にくい

ポリエステルは、どんな厚さの織物やニットにも、また、わたや不織布にもすることができるため、衣料品から産業用資材まで幅広くつかわれています。寝装品では、ポリエステル単独や綿との混紡で、ふとんやカバーやシーツ、側地、ナイティなどに用いられるほかわたや固わたとしてふとんや枕の詰め物に、また、不織布としてふとんや毛布の収納袋に用いられています。 

綿とわた

寝装品の場合綿わたのように素材としての「綿」と形状としての「わた」の両方が同時に使われるため、漢字とひらがなで書き分けて読み方と意味を区別しています。

綿

めんと読み、素材が天然の植物繊維の綿花(コットン)であることを意味します。吸湿性、耐洗濯性に優れ、いろいろな加工も出来るため糸や織物として衣料品、マット、カーテンなど様々なもの使われています。

寝装品ではふとん類の側生地、カバー・シーツ、パジャマなどに綿100%、あるいはポリエステル、麻、絹などと混紡されています。

わた

短繊維がいろいろな方向を向いた状態でふんわりと層になって集まったものを意味します。

わたは繊維と繊維の間に空気をたくさん含んでいるため温かく、柔らかくてしかも弾力があります。そのため昔から、ふとんの詰め物や防寒用衣服などに使われます。わたには綿わたのほか羊毛わた、ポリエステルわた、麻わたなどがあります。これらは単独であるいは2種を混ぜて使われています。

アイダーダウン

アイダーダウンとは、アイダーダックの雌が卵をかえすために、自分の胸から抜き取って巣に敷きつめた胸毛のことです。 毛綿鴨とよばれる海洋性水鳥のアイダーダックには、キングアイダー、メガネアイダー、ステラーズアイダーなどの種類があります。アイスランドやグリーンランドなどの北極圏の海岸線に生息し、厳しい寒さに耐えるため、全身を覆う羽毛には弾力があり、保温性に優れています。 アイダーダックの巣は5月中旬から6月にかけて、海岸の低地や岩場などに作られます。卵からかえった雛鳥が巣立ったあと、巣を壊さないように、ピンセットを使ってアイダーダウンが採取されます。

1羽の水鳥から直接採取されるダウンの量が約60gなのに対し、巣から採取されるアイダーダウンの量は20gほどです。アイダーダウンは長い羽枝を持つため、ダウンボールの一つ一つがよく絡み合います。このため、手のひらに載せても全く主さを感じないほど軽いのに、フィット性に富み、とても暖かいのが特徴です。

ほかに並ぶもののない品質とその希少性から、アイダーダウンのふとんには100万円以上するものもあり、羽毛ふとんの中でも最高級品とされています。

低反発ウレタンフォーム

ウレタンフォームは合成樹脂のポリウレタンを発泡させたもので、ポリウレタンフォームともいわれています。原料は、ポリウレタンの原液に発泡助剤などを加えたもので、これをかくはんすると発熱して膨らみます。原料の種類と組み合わせによって、ウレタンフォームの硬さや弾力性などが変わります。

メーカー各社が独自の技術で開発した低反発ウレタンフォームは、押されたときにゆっくりと沈み、ゆっくりと戻ります。この適度な粘性が、身体のラインに沿っていろいろな寝姿勢に適合することから、枕やマットレスなどに多く用いられています。

主な特徴としては、①枕の場合、頭の圧力を均一に分散して、肩・首・頭部の負担を少なくできる②マットレスの場合、体圧を分散するため、血行を妨げない③多気孔なので通気性が良く、むれにくい、などがあります。

低反発のウレタンフォームの中には、体圧だけでなく体温にも反応して、体の凹凸に会わせて沈み込むタイプのものもあります。

マイナスイオン

イオンとは、電荷をもつ電子、または原子団のことをいいます。原子には原子核があり、中心には陽子と中性子が存在します。陽子(+)の数が6個だとすると、原子はそれと同数の電子(-)をもち、バランスを保っています。この電子が1つ飛び出してしまう状態を酸化、プラスイオンといい、逆に電子が1つ余分にある状態をマイナスイオンといいます。

人体の神経系には電気信号が流れていて、プラスイオンとマイナスイオンが交互にバランスよく配列されることで、脳の指揮命令がスムーズになるという仕組みがあります。ところが、現代のように大気汚染や電気・電子機器から放出される電磁波など、プラスイオンの多い環境で暮らしていると、イオンのアンバランスが生じてきます。このため、日常生活に積極的にマイナスイオンを採り入れ、心身の健康に役立てようとした商品が多く出ています。

マイナスイオンは水と空気が勢いよくぶつかったときに一番多く発生します。滝のそばなど自然の中で気持ちがいいと感じるのはそのためで、これは「レナード効果」と呼ばれています。

マイナスイオンを発生させるものとして、サンゴやトルマリン鉱石が知られており、外的な力が加わったり、温度が変化すると、マイナスイオンを発生させます。備長炭や竹炭なども、外的な力が加わったり、風が当たると、マイナスイオンを発生させます。

寝装品には、電気によってマイナスイオンを発生させる健康機能寝具、鉱石や炭を入れた敷きふとん、枕などがあります。ほかに毛布、パッド、掛ふとんの側地など、マイナスイオン加工の施された数多くの商品があります。

ガーゼ

ガーゼは、密度が粗く、目の透いて見える綿織物の一種です。綿糸にかけられた縒りの種類には、強縒り、普通縒り、甘縒りがあります。ガーゼは甘縒りの糸を使い、最も簡単な織り方である平織りで織られています。

ガーゼという名称は、地中海東岸にあるパレスチナのガザ(Gasa)地区に由来しており、ここは薄手の織物の産地として知られています。本来は医療用として開発され、日本では19世紀の終わりころから、本格的に製造されるようになりました。

ガーゼは通気性がよく、肌ざわりもソフトで、さわやかな感触です。また、吸水性がよく、洗濯が楽なことから、シーツやカバー、ケット類、パジャマなどの素材として用いられています。多くの寝装品では、ほかの素材と組み合わせたり、数枚を重ねて使われています。