2021/08/13快眠とエアコン

快眠とエアコン

暑くて寝苦しい夏の夜に「エアコンをつけて寝ると体に悪い!」と思っているのは危ないかもしれません。

寝苦しさを我慢して無理に寝ようとすると、ぐっすり眠れないだけでなく、睡眠中に脱水状態を引き起こし、危険な熱中症にかかってしまう恐れがあります。

寝苦しい夏の夜を快適に眠るため、効果的なエアコン活用方法をご紹介します。

エアコン活用方法

睡眠の質を低下させずに眠るなら、夏場の室温は24~28℃、概ね26℃がおすすめです。

夏の夜に寝苦しさを感じた時は、エアコンの冷房やドライを活用して寝室の環境を整えましょう。

一晩中エアコンを付けているのが苦手な方は、タイマー機能を上手にご活用ください。

エアコンを一晩中使いたくない人は途中で目が覚めてから付けるのではなく、前半に付けておいた方が、眠りに応じた体温低下とともに円滑に休息モードに入れて、深い睡眠が安定してとれるのでお勧めです。

しかし、エアコンの温度設定で、男女がもめるのも良くあることです。

体感温度

一般的に男性23~26℃くらいが快適で、女性は24℃から28℃くらいが快適と言われておりますので、エアコンは26.5℃くらいで設定して、あとは男性がタオルケット、女性が肌布団というように寝具で調整したり、パジャマの厚みを変えたりすることで各自調整するのが合理的です。

また、扇風機を直接、体に当てずに空気を循環させる目的で使うと効果的ですし、体に風があたるにしても柔らかい風になるので、蚊帳を併用して扇風機を使用するのもお勧めです。

 

ワンポイント

暑くて寝苦しい夏の夜。
快眠寝具と組み合わせて、エアコンや扇風機を使うのがお勧めです。