布団通販 こだわり安眠館 本店

ふとんのタカハシプレゼンツ快眠のすすめ
こだわり安眠館 会員限定10%OFFクーポン

2020/08/15寝具専門店が枕をすすめる理由

寝具専門店が枕をすすめる理由

寝るときに枕は使用した方が良いのでしょうか?

結論から言うと、枕を使えないくらい大きな頭の怪我や、病気でない限りは、『枕を使う方が良い』です。

私たち人間は、言葉を使い、複雑な道具を使いこなし、色々な事を考えます。そのため、大脳が発達していて、首から上、つまり頭の重さが全体重のおよそ8%をしめています。

体重が50キロだとすると頭の重さは4キロぐらいになる計算です。頭は結構、重たいのです。

枕の役割

この重い頭を支えるのが背骨です。
背骨は、頚椎(けいつい)、胸椎(きょうつい)、腰椎(ようつい)と分かれているのですが、頭に一番近いのが頚椎です。

人間の頚椎は前に15度傾いていて、重い頭を支えています。

枕の役割は、頭を乗せるというよりも、一日中頭を支えている首を休ませてあげるということです。


背中から支える 上半身枕 「SLEEP+PILLOW」

枕は隙間うめ

壁に背中とお尻をぴったりと付けて立ってみてください。壁に隙間が出来て、頭がゴンとは当たらないはずです。この隙間を埋めるのが、『枕』です。

眠るときも立ったままの状態のようにして眠るのが、一番自然な状態ですから、
隙間を埋める枕が必要になるのです。

枕をしないと、仰向け寝だと頭が後ろに反り、横寝だと首が傾いてしまいます。

枕をしなくても平気な人もいると思いますが、こういった方は、首の皮や筋肉に柔軟性がある方だと思います。

年齢が若ければ枕の必要性を感じないかも知れませんが、椎間板(ついかんばん)を すり減らすことになるので、早ければ40代くらいから痛みを感じるようになるかもしれません。

個人差があるので、必ずそうなるとは言い切れませんが、痛みを感じてからでは遅いので、やはり枕はした方が良いでしょう。

枕は美容に悪いは間違い

余談ですが、枕をするほうが美容のためにも良いのです。


整形外科医推奨!首シワの防止にも、キレイをキープしたい女性にオススメの枕、西川リビング「ぐっすり美人まくら」

「美容のために枕はしないほうがいい」という話を聞いた事があるかもしれませんが、実はまったく逆なのです。

枕をしない場合、頭が心臓より低くなります。そうすると血行が悪くなり朝の顔のむくみにつながる場合もあるのです。

「首にしわが出来るから枕は使わない」と言う人もいますが、首の為には、枕を使う方が良いです。

先に述べたように、理想的な寝姿勢は、自然に立っている姿勢のまま横になることです。

立っている時にシワはできませんので、その姿勢で寝ることができれば理想的です。

ワンポイント

理想的な根姿勢を保つためには、きちんと高さの合っている枕を使って頂く事をお勧めします。
自分では高さが合っているか分からない!という方は、お試しが出来るお店で、相談をしながら高さを合わせてもらうのがおすすめです。

こだわり安眠館 会員限定10%OFFクーポン
× 閉じる
こだわり安眠館 会員限定10%OFFクーポン