2022/05/30快眠のための理想的な寝姿勢とは?

さて、今回は・・・、
「快眠のための理想的な寝姿勢とは?」について記事を書きました。

皆さんは毎日快適に眠れてますか?
季節を問わず毎日使う寝具は敷ふとんですよね。皆さんはどのような敷きふとんを使われているのでしょうか?

今回は西川のオススメの敷寝具についてご紹介します。

■理想的な寝姿勢とは?

敷き寝具の役割は寝た時の理想的な姿勢を保つことが特に重要です。


まっすぐ立ったとき、人間の背骨はなだらかなS字型を描いてます。横になっている状態でもこの姿勢を自然で無理なく保つことが、寝たときの理想的な姿勢(寝姿勢)といえます。
敷き寝具は、程よいクッション性で体を受け止めバランスよく体圧を分散するいわゆる「体圧分散性」と自然で無理のない寝姿勢である「寝姿勢保持」この相反する条件を満たすことが理想的な敷き寝具といえますね。

■寝ているときの寝返りって重要なの?

一般的に「低反発」といわれる敷き寝具は柔らかく体圧分散性がありますが、身体が沈み込んでしまい寝返りを自然にできず眠りに支障をきたす恐れがあります。

一方で、一般的に「高反発」といわれる寝具は寝返りがしやすいのですが、比較的硬い寝具が多く、体の体圧がかかる部分である、腰・お尻・方・背中等に負荷がかかりすぎることがありやはり眠りに負担をかけてしまいます。
そこで適度な「体圧分散性」と「寝姿勢保持」が大切なのです。

特に寝返りは大切で、私たちは一晩でおよそ20~30回程度寝返りをうつといわれています。それは同じ姿勢でいると血の巡りが悪くなったり、体温が上昇したりするので、調整のために体の向きを変えるのです。

先ほども言いましたが、柔らかすぎても硬すぎても寝返りに支障をきたすので自然な寝返りができるということは良い敷き寝具の条件といえます。大切なのは適度に沈み、仰向けではまっすぐ立っているような姿勢、横向きでは背骨・頸椎・後頭部が一直線になるような姿勢が崩れないことです。

また、敷きふとんと同じく敷き寝具であるまくらとの組み合わせも理想的な姿勢を保つ上ではとても大切なのでぜひ覚えておいてください。

■敷きふとんって何でできているの?

次に敷きふとんの構造についてお話しします。

詰め物に一種類の素材のみを用いた敷ふとんもありますが、最近では固わたやウレタンフォームをなどの中芯を入れることで、クッション性や軽さなどの特徴をもたせた構造の敷ふとんが主流となっています。

「中芯」とは体を支える敷ふとんの中材のことです。また、その中芯を上下から挟んでいる柔らかい綿を「巻きわた」と言います。
最近の敷きふとんはこの中芯と巻きわたに様々な材質を用いて、軽さや耐久性や実用性にこだわったものがあり、それぞれの好みや用途にあわせて選べるようになっています。

■それぞれのわたの特徴は?

巻きわたにはふっくらしたやわらかな感触で綿わたや年中使える保温と湿度のコントロールに優れた「ウールわた」、軽くて比較的にリーズナブルな取り扱いのしやすい「ポリエステルわた」などが主に使用されています。

一方、中芯には綿切れがしにくく、ほこりがでにくいポリエステルわたやクッション性に優れ、形状加工がしやすいウレタンフォームが主に使用されています。

是非一度店頭で確認してみてください。

■西川は独自のウレタンフォームで理想的な寝姿勢に

西川では体圧分散性と理想的な寝姿勢保持というこの相反する2つの条件を満たし、快適な寝心地を実現させる、独自のウレタンフォームマットレスを推奨してます。

ウレタンフォームは前述でも少し触れましたが、クッション性に優れ、ほど良い硬さで体を支えます。また、加工がしやすいので様々な形状に変化をさせます。

表面が平らな作りで、安定した寝心地が得られるフラット構造タイプ、表面が凹凸構造になっていて、体圧を分散し楽な寝心地が得られる点で体を支える凹凸構造タイプ、キューブ状のウレタンフォームで一つ一つのキューブが独立しているので体圧がかかった箇所だけが沈み、心地よい浮遊感をえられるキューブ構造タイプが西川がおススメのウレタンフォームの敷き寝具です。

特に、凹凸構造タイプは上層の凹凸部分では身体の体圧を受け止め分散させる体圧分散層と体圧を安定させる寝姿勢保持層の3層凹凸構造タイプは当店のオススメの構造です。
また、3層に加えさらに底付き感を軽減させ、横向き寝での寝心地も快適にさせる4層特殊立体構造タイプは当店でも最もご満足いただいている構造ですので、是非一度ご体感ください。

■自分の体形を知ることが快眠への近道

理想的な寝姿勢を保つためには実は自分の体形を知ることがとても大切です。

西川の長年の研究結果から大きく6つの背面の形状特徴に分けています。

背中・腰・お尻の部分がほぼ水平の方、背中・腰・お尻のラインがUカーブの方、お尻より背中のが出た、背中のカーブが強い方、逆にお尻が背中より出たお尻のカーブが強い方、背中・腰・お尻のラインのW字カーブの弱い方、反対にW字カーブの強い方の6つです。

身長などにより腰やかかとの位置もかわる、洋服のように身体にフィットした形状を知りましょう!
当店では、皆様のご体系に合わせた提案のできるオーダーマットレスもご体験いただけます。

毎日の睡眠にお悩みのある方はぜひ一度当店おすすめのウレタンフォーム敷きふとんをお試しください。新たな発見ができるかもしれませんよ!!