快眠のすすめ

KAIMIN COLUMN

むくみ改善・ダイエット…睡眠と美容の関係って?

さて、今回は・・・、
むくみ改善・ダイエット…睡眠と美容の関係性
について解説します!

皆さん、睡眠美容という言葉があるのをご存知でしょうか?

実は、睡眠と美容には、切っても切れない関係があるのです。


肌は、睡眠を取ることで、昼間に受けた様々なダメージを修復し、新しい細胞を作っています。

むくみやダイエットにも睡眠は関係してきますので、今回はそういったこともまとめて解説いたします。

■ 睡眠美容の効果発揮のためのポイント

睡眠と美容の切っても切れない関係…

では、ただ眠ればよいのかというと、そうでもありません。
睡眠が十分な効果を発揮するためのポイントがあります。

1つが、タンパク質とビタミンCを摂取することです。

〇 タンパク質

美容に良いとされている成分はいろいろありますが、その根源にはタンパク質の存在があります。

肌の組織を作っている栄養素はタンパク質ですし、お肌のハリに欠かせないコラーゲンもタンパク質の一種です。

理論上、タンパク質は、体の活動や筋肉の維持・修復に使われていると考えられていますので、お肌の修復にも効果的と言えます。

摂取するタイミングは、眠りにつく1時間前から2時間前が理想的です。

タンパク質は、肉や魚、乳製品、大豆などの豆製品などに含まれていますが、簡単に取ろうとするならば、健康補助食品のプロテインを水や牛乳に溶かして飲むととりやすいと思います。

〇 ビタミンC

ビタミンCは、タンパク質が肌を修復するのを助ける成分です。

摂取の時間はタンパク質と同じ就寝の1時間から2時間前が理想的です。

よくレモン1個分のビタミンCという言い方をしますが、レモンよりも多くのビタミンCが含まれている食材は多くあります。

野菜なら赤ピーマンやメキャベツ、果物ならばアセロラやユズなどがあります。

美容のため、眠る前に食べるのであれば、オススメはイチゴです。

1日に必要なビタミンCの摂取量は50mgとされています。

この量をレモンでとろうとすると、2.5個食べなければなりませんが、イチゴだとおよそ5粒の計算になります。

■ むくみ解消と睡眠

朝起きた時に「顔が腫れぼったい」夕方になると「足がむくんでいる」といった経験はありませんか?

むくみの原因は色々あり、病気が原因の事もあれば、塩分の取りすぎや身体の冷え、運動不足などといった事もあります。

中には、「睡眠が原因でむくみが起きる」という事もあるのです。

ここでは、「睡眠が原因のむくみ」とその解消法について考えていきたいと思います 。

〇 なぜ、睡眠が原因でむくみが起きるのでしょうか?

私たちが眠っている間、身体の中では組織が活発に働いていて、疲れを取ったり、細胞の入れ替えをしたりしています。

睡眠時間が足りないと、老廃物や二酸化炭素を含む水分が、細胞の中にたまっていって、細胞が酸素不足になります。

すると血管が膨らんで、水分のコントロールがうまくできなくなり、余分な水分や老廃物が皮膚の下に過剰にたまります。

これが原因で『むくみ』が起こるのです。

つまり、むくみは、余分な水分や老廃物だということです。

〇 むくみを解消するには、どうすればよいのでしょうか?

むくみにくい身体をつくる為には、質の良い睡眠をとることが大切です。

具体的には、次のことを心がけてください。

 

① 軽いストレッチ
身体を動かすことで筋肉の緊張をほぐしましょう。

② ストレスをほぐす
ストレスが溜まると、血行が悪くなって、むくみの症状につながります。
40℃くらいのぬるめのお風呂に入って、ゆったりとリラックスしてください。

③ 夜更かしをしない
特に午後10時~午前2時は睡眠のゴールデンタイムと呼ばれ、成長ホルモンが分泌される時間帯です。この時間帯には、できるだけ睡眠をとりましょう。

 

私たちの身体は、睡眠が不足してくると1日の生活で疲れ切った身体を回復する事ができなくなり、代謝も悪くなってしまいます。

そして『むくみ』のように、いろんな変化が出てきます。

快眠を心掛けて、健康な身体で1日1日を過ごしていきたいですね。

■ 睡眠とダイエット

睡眠不足は、食欲を調整するホルモンのバランスを崩します。

 

◆グレリン…お腹がすいたときに胃から分泌されるホルモン。脳の食欲中枢を刺激して食欲を増加させる。

◆レプチン…脳の満腹中枢を刺激して食欲を抑えるはたらきを持つ。

 

睡眠が不足すると、グレリンが増加して食欲が増し、レプチンが減少して
満腹感を得にくくなります。

米国の睡眠時間別肥満者の統計では、睡眠時間が7~8時間の肥満者の割合は22%なのに対して、睡眠時間6時間未満の肥満者の割合が33%、という結果も出ています。

また別の調査では短時間睡眠(5~6時間)が肥満になるリスクは通常睡眠(7~8時間)に比べて1.55倍高いという結果も出ています。

睡眠不足が続くと成長ホルモンの分泌も減少し脂肪などを燃やす代謝機能も低下するので悪循環が起きやすいのです。

規則正しい生活に良質な睡眠が、すっきりした体づくりにつながりますよ。

 

■まとめ

いかがでしたでしょうか。

良質な睡眠は健康の為にも美容の為にも大事になりますので、ぜひ意識して下さいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

SHARE!
一覧へ

関連記事

2022.09.20
快眠のすすめ
電動ベッド=介護 はもう古い!リクライニング電動ベッドのすすめ
2022.09.05
快眠のすすめ
意外と盲点?子どもと睡眠の関係性とは!?
2022.08.29
快眠のすすめ
睡眠が病気予防につながることを知っていますか?
2022.09.20
快眠のすすめ
電動ベッド=介護 はもう古い!リクライニング電動ベッドのすすめ
2022.09.05
快眠のすすめ
意外と盲点?子どもと睡眠の関係性とは!?
2022.08.29
快眠のすすめ
睡眠が病気予防につながることを知っていますか?