お客様へご案内
当店の感染症対策について

家庭でできる寝具のケア

数日使っただけでもお布団は意外と汚れています。

・・・なんて言われても、じゃあ実際にどういったケアをすれば良いのか悩んでしまいますよね。
寝具のプロが教える日々のお手入れ、実践してみませんか。
清潔なお布団は寝心地も変わってきますよ!

お布団のお手入れの仕方

やっぱり第一は干す事です。

天日に干したお布団に顔をうずめると、おひさまのにおいがして気持ちいいとお思いの方も多いのではないでしょうか?
でもでも、実はお布団の天日干しはNGの場合が!

ここでは、干し方を始めとしたお手入れ方法について説明します。

羽毛布団編

干し方
羽毛布団は吸放湿性が良いので、月に1~2回カバーをかけたまま風通しの良い日陰に干すだけで充分です。もし天日干しする場合は、天気のいい日の午前中に1~2時間干しましょう。夏場は日差しが強く紫外線で布団の生地が傷む可能性があるので、一時間程度にしておきましょう。

羽毛の飛び出し
布団の生地から羽軸や羽毛が飛び出てくることがあります。
引き抜くと穴が広がってしまい吹き出しの原因となってしまうので、引き抜かず内側に戻すようにしてください。
カバー
羽毛布団の汚れを防ぎ、風合いを保ってくれます。
カバーの内側にはヒモが付いているので、布団に付いているループに結びつければズレにくくなります。
できるだけこまめに洗濯をしていただくことをおすすめします。

吹き出しがある場合
羽毛布団はもともと生地から吹き出しをしないような加工を施しているため、ダニは侵入しにくくなっています(ダウンプルーフ加工)。
何らかの原因で穴があいてしまったり、布団の生地の損傷からダニが入り込んでしまったり、羽毛の切れ端のファイバーが出てきたりする可能性はあります。これらは、アレルギーの原因になることがあるので、買い替えやリフォームなどを検討していただくことをお勧めします。

布団は叩かない
干した際には、布団を叩かないのが鉄則です。
羽毛布団の場合、生地を傷めて吹き出しの原因となったり、中の羽毛が壊れてファイバーになってしまったりするので、決して叩かないようにしましょう。

敷き布団・マットレス編

干し方
敷き布団は、カバーをかけたまま天気のいい日の午前中に1~2時間程度干します。
夏場は日差しが強く紫外線で布団の生地が傷む可能性があるので1時間程度にしておきましょう。
マットレスは、基本的に天日干しできないので、風通しの良い日陰で湿気を逃がすようにしてください。
敷きっぱなしではカビが発生する可能性がありますので、定期的に敷き布団やマットレスの下に風を通してあげることをお勧めします。
直接床に敷く場合
冬は床との温度差で結露し、夏は汗の抜け口が無い為、カビの原因になりやすいので注意してください。カビが発生すると完全な除去は難しいため、ベッドや三つ折りにして立てかけるようにしたり、除湿シートを下に敷くようにしましょう。
カバー
直接寝ると布団が汗を吸ってしまうので、カバー・シーツをかけて、敷きパッド・ベッドパッドを使うようにして、こまめに洗濯するようにしましょう。
布団は叩かない
干した際には、布団を叩かないのが鉄則です。
敷き布団の場合、中わたが千切れて出てくるわたぼこりが、叩けば叩くほど出てくるので、表面の埃をブラシなどで掃うだけにしておきましょう。
干した後に、掃除機をかけることでダニの防止にもなります。