2021/01/16動物の冬眠

動物の冬眠

冬眠とは、気温が低くなったときに、えさを食べたり、運動をしたりせずに、代謝活動を低下させて冬を越すことです。

続きを読む

2021/01/12すぐに眠れる5つのポイント

すぐに眠れる5つのポイント

自己暗示をかけて眠りやすい状態にする訓練方法を紹介します。

続きを読む

2021/01/06二日酔いの原因は睡眠不足?

二日酔いの原因は睡眠不足?

年末になると、お酒を飲む機会が増える人も多いのではないでしょうか?ついつい飲み過ぎてしまうこの時期には、睡眠が特に重要です。

続きを読む

2020/12/29寝正月

寝正月

自堕落な日々を過ごすことも多い年末年始。特にダラダラと寝正月をしてしまった結果、長期休暇明けに「カラダのコンディションが最悪…」という経験がある方も多いかと思います。

続きを読む

2020/12/26宇宙での睡眠

■宇宙飛行と睡眠の歴史

人類初の有人宇宙飛行は、1961年に打ち上げられたソ連のボストーク1号です。これに搭乗していたのが「地球は青かった」の言葉でも有名なユーリイ・ガガーリンです。

続きを読む

2020/12/22寝活(ねるかつ)

寝活(ねるかつ)

寝活とは、寝ている時間を美容や健康の為に活用する、新しいライフスタイルのことです。

続きを読む

2020/12/18生活環境の変化と負けないカラダ作り

店長のイラスト

「新型コロナウイルスが私たちに与えた影響」

全世界で猛威を振るっている「新型コロナウイルス」の影響で、私たちの日常生活は大きく変化しました。マスクの着用が当たり前になり、テレワークやオンライン会議が増えるなど人と対面する機会が減っています。また、外出自粛が推奨され、今まで当たり前のように出来ていた家族や友人との食事、旅行なども気を使わなければなりません。先の見えないコロナ渦で大きく環境が変化したことによるストレスなどで、身体や心の不調を訴える人が増加しています。
ここではコロナ渦が心身に与える影響とその対策についてお話します。

アヒルのイラスト① 身体への影響
・コロナ太り
感染対策として在宅ワークやリモート授業を実施する企業や学校が増えました。通勤通学がなくなり、外出自粛に伴って運動をする機会が減ったことで体重が増加してしまう人が多くなっています。・睡眠不足
新型コロナウイルスの感染拡大を防止しながら日常生活を維持する「withコロナ」時代の中で、私たちは以前とは違う新しい生活様式を余儀なくされています。日常生活だけでなく様々な面で変化が起き、多くの人がストレスを感じながら生活するようになりました。

続きを読む

2020/12/17冬の寝室環境を見直して快眠を手に入れる

■理想的な寝室の環境は?

冬時期に、人が気持ちよく眠れる環境は、室温が16℃~19℃、布団の中の温度は32℃くらい、そして湿度は50%~60%です。

室温が16℃よりも低くなると、眠っていても途中で目覚めることが多くなったり、レム睡眠の時間が短くなったりして熟睡ができなくなります。

続きを読む

2020/12/15定期的にしたいお布団のお手入れ

定期的にしたいお布団のお手入れ

今年も大掃除が始まる時期になりました。新年を気持ちよく迎えるために、各ご家庭でお掃除の準備をしだす方もいるでしょう。古くから、年末の大掃除は神様を迎える準備や、厄払いといった意味があります。

続きを読む

2020/12/10朝起きたら風邪を引いている理由

1日のうちで風邪を引きやすい時間帯はいつでしょうか?

埼玉県の歯科医が、来院した706人の患者に対して『風邪の症状に気がつく時間帯』について行った調査によると、「朝起きたとき」が47.5%、「夕方から夜」が29.5%、「昼間」が14%、「夜中」が3.3%、分からないが5.8%でした。

続きを読む

Page 1 of 7123»