快眠のすすめ

KAIMIN COLUMN

世界の不眠記録

世界の不眠記録

人が眠らなかった最長記録は260時間(11日間)とされています。

1964年、当時のアメリカの高校生が冬休みの自由研究で「不眠記録への挑戦」なるものを企てて記録しました。

不眠がもたらす症状


不眠は健康に良くありません。

記録に挑戦した高校生は断眠後2日目から怒りっぽくなり、しだいに集中力を欠いてテレビを見るのも難しくなった上、4日目にはも妄想が出現、7日目にはカラダが震えだして会話も困難になりました。

11日も眠らなかったのは凄い記録ですが、やはり人は睡眠を取らないとカラダに不調が 起こるのが分かります。

体調管理をする上で、睡眠は必要なものです。睡眠負債という言葉もありますが、毎日の睡眠不足も積み重なると体調不良の原因となります。

ワンポイント

不眠記録は極端な例ですが、毎日規則正しい睡眠を取り、毎日を健やかに過ごしたいですね。

SHARE!
一覧へ

関連記事

2023.01.09
快眠のすすめ
「痛み」と睡眠
2022.12.26
快眠のすすめ
睡眠の力でトレーニングの効果を上げる!?筋トレ・スポーツと睡眠の関係
2022.12.05
快眠のすすめ
意外と知らない「寝返り」「寝言」のメカニズム
2023.01.09
快眠のすすめ
「痛み」と睡眠
2022.12.26
快眠のすすめ
睡眠の力でトレーニングの効果を上げる!?筋トレ・スポーツと睡眠の関係
2022.12.05
快眠のすすめ
意外と知らない「寝返り」「寝言」のメカニズム