2020/11/22抜糸

昨日の夕方、サクラとハル(避妊手術したばかり猫達♀)が抜糸に行きました。

手術後にかなり傷を舐めたり糸を引っ張ったりしていたようで、特にハルの手術痕は少し腫れているようです。

しかし、何はともあれこれで一段落つきました。

避妊手術後は成猫のエサに変えた方が良いとのことですが、子猫のエサが余ってしまいうので困りますね。

2020/11/16新聞を読んでいると邪魔する奴

本日もサクラ(避妊手術したばかり猫♀)がベタベタしてきて読んでいる新聞の上に乗ってきます。

面倒なのでそのままページをめくっていくのですが、逃げようとせず、ゴロゴロしています。

新聞からちょっと出している手が可愛かったので写真を撮りましたが、いつになったら元のサクラに戻るんでしょうね。^^;

2020/11/14手術痕

避妊手術から帰ってきたサクラ(子猫♀)が人格(猫格?)が変わったようにベタベタ甘えてきます。

我が家に拾われてきてからいつも姉妹達やナツ(キジトラ♀)、誰かと一緒だったのに一人きりで二泊三日も過ごしたのがかなりこたえたのだと思います。

やっと寝かしつけたと思うと安心して腹を出して寝ているので、手術の痕が丸見えで痛々しいです。

しかし、最近の手術はやっぱりホッチキスなんですね。^^;

 

2020/11/13腹痛

今日は、お腹が痛くて横になっています。
丁度、子猫たちが避妊手術をしたので、その痛みが共鳴しているのか?
取引先から嫌なことを言われたのがこたえているのかはよく分からない。
猫はキャットハウスのてっぺんで寝言を言っている。
相変わらず笑ってるように寝るのが好印象。

2020/11/11避妊手術

とうとうこの日がやってきたかという感じですが、ハルとサクラ(子猫たち♀)の避妊手術です。

二泊三日かかるということで、まず本日、サクラを連れていき、13日に入れ替わりでハルを送り込むようにいわれております。

まだ生まれて半年やそこらなのにお腹を切られるなんて可哀相と思いますが、最初の発情期が来る前に手術した方が猫達にとっても良いとのことなので仕方がありません。

サクラがいないとハルもちょっと寂しそうです。

早く元気で帰ってきて欲しいですよね。^^

2020/11/07猫とゴロゴロ

本日は大麻山に登る予定でしたが、朝起きると雨だったので中止しました。

やることがないとついつい仕事をしてしまいそうになるので、今日は子猫たちとゴロゴロして過ごそうと決めました。

最近、忙しくて寝てても仕事のことを考えているなんていうことがありますが、猫達とゴロゴロしていると何だか仕事から離れてリラックスできるように思います。

やっぱり自分なりに仕事のオン、オフの切り替えスイッチを持つ必要があるように思いますね。^^

  

2020/10/31ノア近況

本日、帰宅しようとしているとEC事業部の坂東チーフからノア(黒猫♀)はどうなっているんだという質問がありました。

歯周病になり歯が抜けて可哀相だという話をしたのですが、後から考えてみるとネガティブな状況ばかり説明してしまいいけなかったなと反省し、坂東チーフに現在の写真を送りました。

ノアの現状については、子猫たちとの縄張り争いは続いており仲良くなりませんが、住む部屋を分けながらそれ以外については相変わらず気楽にすごしております。

生きがいはやはりチャオチュールで、機会あらばとチャオチュールをねだってきます。

抱っこも一緒に寝るのも大好きで、家族からも愛されて元気にしていることを報告しておきなすね。^^

↓最近のノア。チャオチュールを要求しているときは目に下心が現れている。^^

2020/10/28まぐろだいすきすぎ

先日、購入した「まぐろだいすき」30袋ですが、母のところもちょうど切れたところだということで、昨日、ワンケース分10袋をあげました。

しかし、昨夜、母が段ボールに蓋をしわすれていたため夜中に子猫たちが大暴れし、二袋ほど噛みあけて食べまくったあげく、嘔吐していたとのことです。

いくら大好きといっても完全密封されているので臭いはしないはずですし、猫は赤を認識する視神経がないので、ピンク色の袋を見分けるのは困難だと思うのですが、凄い執念としかいいようがありません。

まあ、大好物を吐くほど食べられたので、本人達は満足かも知れませんが、体に良いわけはありませんよね。(>_<)

2020/10/26猫についての卓話

本日の鳴門ロータリークラブ例会の卓話は私が担当でした。

今回は猫について話をしようと思い色々まとめたのですが私自身も非常に勉強になりました。

猫が人間と一緒にくらすようになってからの歴史や日本に伝来した経緯など私にとっては非常に興味深いものだったのですが、聞かれた皆さんがどう思われたのかは微妙です。

話しながら皆さんの反応を見ていると、どうも猫の知識や歴史の話よりも我が家の猫の写真の方が食いつきが良いように思えます。

やはり、我が家の猫が可愛いということで、間違っても私のまとめた話がつまらなかったのではありませんよね。^^;

2020/10/25まぐろだいすき

以前、母から猫達のおやつとして「まぐろだいすき」を勧められてから子猫たちには毎日のように与えております。

子猫たちも喜んで食べる上に削り節であるため、見た目はたくさんありそうなのですが、あっという間になくなってしまいます。

いつもは家内に頼んで買ってもらっているのですが、今回は面倒くさそうに言うので、自分で頼むことにしましたのですが、いざ、自分で頼もうと思い調べてみると「まぐろだいすき」を作っている会社はペット関係の会社ではなく鰹節や煮干しを中心とした出汁のメーカーのようで、運賃を無料にするために同梱して買う商品が見当たりません。

結局、「まぐろだいすき」ばかり30袋買って運賃を無料にすることにしましたが、「まぐろだいすき」ばかり30袋も届くと家内はびっくりするかも知れませんね。^^;

Page 1 of 13123»