2020/03/31子猫出産顛末

昨日、帰ってくると犬小屋で子猫を産んでいた通い猫が子猫を移動させてしまい、どこに行ったのか分からなくなってしまっているのを母から聞きました。

私が犬小屋を見に行って、よく調べてみると中に敷いてあるクッションの下になんと1匹だけ取り残されており、眠っておりました。

日が暮れて寒くなって来ているのに迎えに来る様子もなく、仕方なく家の中に入れましたが、お腹が空いているのか、親猫を呼んでいるのか泣き続けるので困ってしまいます。

子猫用のスポイトでミルクをやっても飲みませんし、ペットショップで細口用のほ乳瓶も買ってきましたが、やはり生後4日くらいでは飲ませることができません。

暖かくして撫でてやりながら一晩すごしましたが、少し眠ってはすぐに起きるので、私もほとんど眠れません。

朝になると母猫がエサをもらいにきたので、急いで犬小屋に子猫を戻すと鳴き声に気づき連れて帰りました。

家内は1ヶ月くらいしたら子猫を連れてエサをもらいに来るようになるので、その時に保護したら良いと言うのですが、これから天気も悪くなりそうなので本当に心配です。

しかし、子猫を保護できようができまいが、エサをやっている者(私がエサをやっているわけではありませんが)の責任として避妊手術はすべきだと思いますので、1ヶ月後には捕まえて動物病院に連れて行かなくてはならないと思いますね。

2020/03/28どうやら6匹いるようです。

今朝、母が親猫にエサをやっている隙に犬小屋を覗くと子猫は6匹生まれているようでした。

どうやら母親に似た少しクリームがかった白とキジトラっぽいのがそれぞれ3匹ずつです。

母親にけどられないよう写真をとってさっと引き上げましたが、今回はうまく育って欲しいと心から願いますね。^^

2020/03/27生まれたようです

先日、母が間違いなしと太鼓判を押したミーシャ(通い猫♀)の妊娠は本当だったようで、本日、仔猫が生まれたということです。

以前は変なところに産んで全部を死なせてしまいましたが、今回はジロー(柴犬♂)の犬小屋の中を占拠して出産したようです。

部屋の中からガラス越しに見てみると、かすかに仔猫の鳴き声が聞こえてきます。

写真を撮っていたらシャッター音でミーシャがこちらを見たので、さっと逃げました。

警戒して仔猫を変なところに連れて行きまた死なせてしまってもいけませんので、見たくても我慢です。

一匹は私がもらおうと思っていますが、残りの里親を探してミーシャの避妊手術をしなければいけませんね。

2020/03/23ナチュラルキッス

先日、チャオチュールを買うとモンプチのナチュラルキッスという商品がオマケでついてきました。

チャオチュールと同じピューレ状の猫のおやつなので、早速、ノア(黒猫♀)にやってみると美味しそうに食べています。

調べてみると値段は同じくらいですが、チャオチュールが14㌘に対してナチュラルキッス10㌘と内容量が少なめ、チャオチュールが完全ピューレ状に対してナチュラルキッスはマグロ肉の粒が見られます。

どちらが良いかは猫が選ぶところでしょうが、ウチのノアの反応は若干チャオチュールの方が良いように思います。

しかし、他社競合商品を買う人をめがけて試供品を入れるのは、依頼する方も入れる方も商道徳上よろしくないのでは?と思っちゃうのは私だけなんでしょうかね。

 

2020/03/22乳房が大きくなってきている

先日から通い猫(野良猫?)のミーシャ(長毛♀)がまた妊娠しているようだと母が言っていましたが、その後、全く生まれたという話を聞かないので、チャオチュールのやりすぎで単に太っただけだろうと家内と話しておりました。

本日、母が用事で私の部屋に来たので、そのことを言うと「乳房が大きくなってきているので間違いなく妊娠している」と答えたのですが、野良猫の乳房が大きくなっているのがどうして分かるのか不思議でなりません。

突っ込んで聞くと、チャオチュールをやっているときは、食べるのに夢中で「どこでも触って~」といった感じでお腹でもどこでも触り放題だということです。

野良猫と仲良くなれるだけでも凄いのに、警戒心の強い野良猫のお腹まで触れるとは、あらためてチャオチュールの凄さに敬意を持ってしまいましたね。^^

2020/02/29出ている理由

ノア(黒猫♀)の舌が出ている理由がやっと分かりました。

インターネットで調べるとリラックスしている猫は体が弛緩して舌も出てくるということですが、ウチのノアは時間も出ている舌の長さも長いので、これはもう頭が弱いのが原因に間違いないと考え、動物病院に連れて行き、お金を使ってまで自分の猫が馬鹿なことを証明する必要もないと思っていました。

しかし、ノアの舌がますます出ている頻度が高くなり、出ていない時間よりも出ている時間の方が長くなってきたので、動物病院に連れて行くことにしたのです。

結果として分かったのは歯肉炎で前歯が抜けてしまっていることが原因だそうです。

また、この歯肉炎は野良猫だった仔猫の時にかかったもので、治療は不可能とのこと、その内、他の歯も抜けてくるだろうということでした。

保護猫には何らかの持病みたいなものがあり治療できないことは珍しくないようで、エサもいままで通りで良いということなので、とりあえず今までと何も変わらないのですが、何だか可哀相に思えます。

せめて可愛がって一生を幸せに送らせてあげたいと思いますね。

 ←寝ているのを見るだけで癒やされますね。^^

2020/02/11グルーミンググローブ

先日、母の猫(ナツ キジトラ♀)の毛づやが良いのはグルーミンググローブのお陰だと聞き、私もウチのノア(黒猫♀)で試してみることにしました。

実際、試してみると本当にたくさんのむだ毛がとれるのには驚いてしまいます。

また、猫は気持ちが良いのか逃げていかない上に、ヨダレまで垂らして喜んでいるようです。

まあ、ウチのノアは少し頭が弱いので、ヨダレまで垂らすのかとは思いますが、これは本当に優れものだと驚いてしまいましたね。^^

2020/01/19名前を言ってはいけないあれ

最近、ノア(黒猫♀)がチャオチュールという言葉を覚えてしまい、「チャオチュール」という言葉を聞くと興奮してしまい、収まりがつかなくなってしまいます。

そこで、私と家内の間ではチャオチュールという言葉を使うのはタブーとなり、チャオチュールのことを「名前を言ってはいけないあれ」と呼ぶことにしています。

しかし、頭の弱いノアをここまで狂わしてしまうのは本当に恐ろしいことで、ハリー・ポッターのヴォルデモート卿と比べてもなんら遜色はないと言えると思いますね。^^;

2020/01/05なんかますます出てます。

先日もノア(黒猫♀)の舌が出ていることを書きましたが、最近、ますます出ている時間が長くなっており、しまい忘れていると言うよりも、出てないときが出し忘れているのではないの?というほどです。

本日も私のパソコンの前で日報を読むのを邪魔しながら舌を出しているのですが、なんだか馬鹿にされているようです。

まあ、元々頭が弱いので、そんな知恵もないとは思いますが、なんかちょっと腹が立ちますよね。(>_<)

2020/01/04ミーちゃん

以前からエサをもらいに来ていた野良猫が完全に居着いたので、エサをやるのを見に来ないかと母に言われて行きました。

母が「ミーちゃん」ご飯だよと呼ぶと急いで出てくるのですが、私がいると警戒して逃げてしまいました。

私がいなくなると、すぐに戻ってきてエサをもらったようですが、やはり警戒心は強いようです。

しかし、母にはかなりなついており、頭や体を擦りつけてくるようです。

これもどうやらチャオチュールの威力によるところのようですが、やはりチャオチュール恐るべしと言えましょう。^^

 

Page 1 of 7123»