2020/08/30猫の卓話

9月の第一週に鳴門ロータリークラブ例会卓話担当となっております。

今回は猫についてお話ししようとパワーポイントを作っていたのですが、自分の飼い猫もご覧いただこうと写真を整理しているとあっという間に時間がたってしまいます。

ノア(黒猫♀)がやってきたときは本当に小さくてガリガリで、しばらくは怯えてベッドの下などにいつも隠れていたのを思い出しましたし、ハルやサクラは拾って来てからまだそんなに日数がたっているわけではないのですが、拾って来たときのヨロヨロした感じなどが早くも懐かしい思いです。

本の整理を始めると、ついつい読みいってしまい整理ができないなどという話を聞くことがありますが、写真の整理も同じことですね。^^;

2020/08/20寝相をどうにかしてほしい

先日、モニターアームのお陰でできた空間でサクラ(子猫♀)が寝ていることを書きましたが、あれ以来気に入ってしまい遊びに来る度にそこで寝ます。

寝るだけなら良いのですが、寝言を言ったり、寝相が悪く動き回ったりするので仕事の邪魔になって仕方ありません。

本日は後足をキーボードの上に投げでしてくる(偉そう)→キーボードを蹴飛ばして腹だして寝る(面白い)→一周まわって前足を投げ出してくる(可愛い)のコンボで攻撃してるのでたまったもんじゃありません。

困っているはずが段々、嬉しくなってくるのも変な気分ですよね。^^;

 →  → 

 

 

2020/08/16一人ぼっちの休日

家内と次男が家内の実家に出かけているので、休日は一人で部屋で引きこもっています。

こういった場合は以前なら無駄な時間を過ごしてとか一人ぼっちで何やってるんだろうかなどネガティブな気分になることもありましたが、今は猫が一緒にいてくれるだけで「猫とまったりしている」と思え、同じことをしていても精神的にポジティブになれる気がします。

やはりどう考えるかということはどう行動するかと同じくらい大切ですよね。^^

2020/08/10モニターアーム猫喜ぶ

先日、モニターアームを買いましたが、自由に移動ができ、高さはもちろんのこと奥行きや角度までも自由自在なので非常に重宝しております。

しかし、私が重宝する以上にサクラ(子猫♀)モニターの下を気に入ってしまい度々、昼寝をしています。

まあ、私だけでなく猫も喜んでくれたら二重に得した気分になりますね。^^

 

2020/08/08はみ出てますよ

以前はキャットタワーのてっぺんに登ってサクラ(子猫♀)とハル(子猫♀)が一緒に寝ていても全く狭いといった感じは受けなかったのですが、先日、ふと2匹で寝ているのを見ると体が三分の一くらいはみ出して落ちそうになりながら一緒に寝ています。

体重を量るとサクラが2.4㎏、ハルが2.2㎏になっているようです。

生まれたのは3月末だったので4ヶ月と少しでこんなに大きくなりました。

一般的に猫は1年未満くらいを子猫と呼び、その間は成長することが多いといわれております。

ハルもサクラもまだ、永久歯が生えそろっていない状態です。

今後も大きくなると思いますが、このまま行くとどのくらいの大きさになるんでしょうか。

楽しみでもありますが、あまり重くなると抱っこするのが疲れちゃうので困りものですよね。^^;

2020/07/22毛が生えてきました

ハルの右目上部にできていた傷が原因の禿げに毛が生えてきました。

カサブタを自分で何度もはがしてしまい大きな禿げになっていたのですが、エリザベスカラーをしばらくまいていたお陰で毛が生えてきたのです。

子猫なので回復力も高いので、なんとか元に戻りそうですね。^^

2020/07/20ニャンとも清潔とはいきませんでした

先日、ニャンとも清潔トイレを購入し、トイレの悪臭問題の解決を図ったのですが、結局、失敗に終わってしまいました。

並べておいておけば猫砂のトイレを選んで入りますし、猫砂トイレを隠すとトイレを我慢して大変なことになりかけてしまいました。

一週間以上様子を見たのですが、どうやら無理そうです。

現在、キャンペーン期間だったらしく一週間以上使用して使えなければ返品できるとのことだったので、申し訳ないのですが返品させていただくことにしました。

しかし、8割以上は成功すると聞いていたのですが、ウチのハルは残りの2割だったんでしょうね。(T_T)

2020/07/19とうとう捕まりました

昨日、動物愛護管理センターから紹介していただいたボランティアの方が罠を設置しに来てくれたのですが、昨夜無事にミーシャ(野良猫♀)を捕獲することに成功しました。

3度の失敗で一旦は諦めかけたのですが、これでやっと避妊手術ができます。

罠を仕掛けてくれたボランティアの方は自分でも15匹の猫を飼っているということですが、本当に猫好きなのだと思います。

協力していただいた方々のご厚意に報いるためにも今後は母にしっかりと世話をしてもらいたいと思いますね。^^

2020/07/18エリザベスなハル

先日、ハルの右目上部に傷がありカサブタができておりましたが、なんだか段々大きくなっていっているので家内が動物病院で診てもらってきました。

どうやら痒いので自分でかいてしまい、段々大きくなってきているようなのです。

動物の傷口を守るためにつけるエリザベスカラーは通常サイズがまだ大きすぎるので、動物病院の先生がクリアファイルを切って手作りしてくれたとのこと。

しかし、カサブタがとれた傷口はピンク色の禿げになってしまっています。

せっかく可愛く生まれたので、このまま禿げてしまうのでなく、元に戻って欲しいと思いますね。^^;

2020/07/13最後の手段

以前、避妊手術を受けさせるために捕まえようとして捕まらなかった野良猫のミーシャですが、その後は母がエサを与えていないにもかかわらず、どうやら仲良しのジロー(柴犬♂)にエサを分けてもらっているようで、相変わらず我が家の近辺で住み、どうやらまた妊娠していそうだということです。

また子猫が生まれてしまうと次は手の施しようがないので、是が非でも避妊手術を受けささねばと思い立ち捕獲のための罠を借りられないかと動物愛護管理センターへ送ったメールに返答が来ていました。

駆除目的で使用する人が多いので罠の貸し出しはしていないが、避妊手術料の負担とその後のエサやトイレなどの面倒を見るならボランティアの方で猫の捕獲が上手な方を紹介してくれるということです。

3度失敗して以降、自分ではもう無理な感じになっていましたが、なんだか少し希望が見えてきましたね。^^

Page 1 of 11123»