2019/04/12悲しいお知らせ2

明け方最後の一匹も息を引き取りました。

経緯

0時頃、親猫が庭をうろうろしているのに家内が気づき、心配して見に行くと子猫がいなくなっていました。

私も一緒に探しに行ったのですが、見つかりません。

しばらくして母が一緒に探すと、犬小屋の中で冷たくなっているのがみつかりました。

親猫ももう、あきらめており、死後硬直も始まっているようでしたが、家内が必死に「頑張れ、頑張れ」と声をかけながらマッサージを続けると奇跡的に息を吹き返し、なんとかミルクを飲むまでに蘇生したのです。

ちょうど手のひらにおさまる大きさなので私が手の中で2時間近く温め続けるとすやすやと眠り、これは持ち直したなと思ったものの時間がたつに従い、また弱ってきて、家内が面倒見ている中、4時過ぎに息を引き取りました。

家内は無駄と知りながら今も子猫を抱いて温め続けていますが、もう戻ってくることはないと思います。

せめて最後の一匹は元気に育って欲しかったのですが、残念で仕方がありません。

2019/04/11悲しいお知らせ

先日の仔猫のことを日記に書きましたが、出張から帰ってくると悲しいお知らせが待っていました。

家内から聞いた話は以下の通り

出張1日目

警戒した親猫が子猫を連れて移動してしまう。しかし、何故か5匹中1匹だけ取り残されており、夜まで待ってみたが迎えに来ないので、保護したもののまだ目も開いておらず、ミルクも満足に吸えない状況

出張2日目

保護した子猫を産まれていた場所に置いて様子を見ると、親猫が迎えに来る

出張3日目(本日)

隣の空き地で子猫の声がするので家内が様子を見に行くと、親猫はおらず大きなカラスが飛び立つ。

1匹は濡れて弱って死んでおり、その他はカラスに食べられてしまった模様。しかし、よく探してみると少し離れた草むらの中に昨日、保護していた子猫だけが生き残っていたとのことです。

その後、親猫が必死に子猫を探し回っていたので、一匹だけ残った子猫を返してやると、現在はウチの庭の草むらの中で一緒にいるようです。

 

自然の摂理とはいえ本当に悲しいものです。

せめて、最後の一匹くらいは元気に育って欲しいと祈らずにはいられません。

2019/04/04面倒くさい女

病気が治り、たまっていた仕事を自宅でも片付けているのですが、ノア(黒猫♀)が退屈するとやってきて仕事を邪魔して困ります。

病気の時は一緒にいてくれる「優しい娘」だったのですが、こうなってくると「面倒くさい女」になってしまいます。

これは、私が悪いのか、ノアが悪いのかは微妙なところですが、「都合の良い女」などというものはそうそういないということなんですよね。(^_^;)

2019/03/31腹いせ

体調も徐々に良くなってきたので、一緒にいてくれたお礼に家内がバーゲンで買ってきた「チャオチュール」をノア(黒猫♀)に一本だけあげることにしました。

ノアはお腹に脂肪がつきやすいので、高カロリーなエサをやらないようにと獣医さんから言われているので、ノアが生まれてからチャオチュールを食べるのはおそらく3回目くらいです。

あまりにも美味しいらしく、食べ終わってもしきりにもっとくれとアピールし、最後にはゴミ箱をあさって捨てた容器を引っ張り出すほどです。

しつこいので放っておくと、見えないところで腹いせにウ○コをする始末。

「ノア、あなたにはもう二度とチャオチュールはあげません」と心に誓いましたね。

2019/03/30優しい娘

病気の間中、ノア(黒猫♀)が一緒にいてくれます。

病気で弱っていると非常に優しさが身にしみます。

病気が治ったら是非、お礼がしたいものですね。

2019/03/15一緒にお昼寝

先日、ウチの犬の心が広いという話は書きましたが、本日はその心の広さに一層、感動してしまいました。

寒い日がまだまだ続いていますが、今朝、犬小屋を見るとウチのジロー(柴犬♂)と野良猫が一緒に寝ているではありませんか。

あまりの可愛さに写真をいっぱい撮ってしまいました。

それにしても犬と猫がこれだけ仲良くなれるとは意外ですね。^^

 

2019/03/09哲学的命題

今朝、ナツ(キジトラ♀)に会いに行くと、ナツが窓の外を眺めていました。

視線の先にはノラネコが寝ております。

シャッターチャンスと思い写真を撮ったのですが、後から見てみると哲学的な命題が浮かんできました。

果たして、どちらが幸せなのか?

皆さんはどう思われますかね。^^

  

2019/03/06心の広い犬

昨日より母が旅行に出かけているので、今朝は私がジロー(柴犬♂)にエサをやりに行きました。

先日も書きましたが、このジローのエサのおこぼれを狙って、野良猫が毎朝、やってきているのですが、今朝もエサ置き場の近くで待機しており、準備は万端です。

猫には猫用のエサを入れてやり、ジローには犬用のエサを入れてやったのですが、ジローは遊んで欲しいようで半分もエサを食べない内に私の方へと寄ってくるのですが、野良猫は自分用の猫エサを全て食べた上に、ジローのエサをパクパクと食べ尽くしております。

ジローはこれを全く気にせず怒りもしないのですが、育ちが良いのか、頭が弱いのか、気が良いのか、よく分かりませんが、まあ、心が広いのは間違いないと思いますね。^^;

2019/02/17気の良いジロー

まだまだ寒い日が続く今日この頃ですが、本日、ふと庭を見ると、ジロ-の犬小屋で野良猫が毛布にくるまっておりました。

母によればジローは気が良いので、猫が自分の小屋でいても全く怒らないそうです。

犬猿の仲とは言いますが、猫と犬も仲が悪いものという認識だったので意外です。

まあ、お互い寒い外で暮らすもの同士、助け合いは必要なんでしょうね。^^

  

2019/01/19自分勝手

先日から毎日のように引きこもって来期経営指針書の見直しを続けているのですが、夕方になるとノア(黒猫♀)がやってきて膝の上にのったり、キーボードの前で寝たりして邪魔をします。

どうやら昼間は暖かい日の当たるところで寝ていて、日が陰ってくると肌寒くなり寄ってきて遊んでくれと邪魔をしているのだと思います。

まあ、あまり根を詰めてやっていると眼精疲労と肩こりが酷くなるので、たまに休憩するのは良いのですが、やっぱり猫は自分勝手ですよね。^^;

Page 1 of 41234